Img_ae51083afaa8b024e8058ba70ec5a625
「影」物が光をさえぎった時,光源と反対の側にできる,その物の黒い形。

Chair rug
Size:430×430mm
Color:bark navy +black + khaki








Img_138bfe1f8360ca34e456078f2f465000
Img_06ea02f522dc96cc725c082f995181d7
Reused textile rug
2019年3月より〈NODE〉(愛知県名古屋市)でお取り扱いしていただく事になりました。

NODE = 結節点
「店」”作り手”と”使い手”を
繋げる場所でありたいと思って
いました。
人と物が出会い物が生まれ。
その物を通して人が出会い。
そして。
また新たな何かが生まれるような。
そんな場所でありますように。


お店は店主自らデザインと施工を行うなど”作り手”であり”使い手”でもあることを空間に表していらっしゃいます。
また店内では美味しいコーヒーもいただくことも出来るスペースも備え、ゆっくりゆっくり丁寧に
お品を眺めインテリアやライフスタイル感じる時間が流れます。
どれもすっと生活に溶け込みながらも、NODEさんのセレクトのお品を生活の中に入ったら繊細に敏感な気持ちが日々気が付き始めると感じます。
タオル一枚、プレート、カップどれも丁寧なものばかり。
そんな店内にatelier reiオリジナルプロダクト「Reused textile rug 」が仲間入りさせていただきます。

どうぞNODE店頭にてお手に取ってご覧くださいませ。
よろしくお願い致します。

NODE
愛知県名古屋市昭和区神村町1-3 1F
052-715-7385
 (Click!) 

Img_e67ead6d39875345d826bfc495da3ddc
Img_bfd6e74345c5b959a2c0f0fbdbe18e8b
Img_be04ac7691d890720419fb91ff5b4862
2017-18 AUTUMN & WINTER 「 FUKAMI×湯浅景子×atelier rei 」

今秋冬に向けて春から企画デザインが進行し、皆様にご紹介できる時期を迎えました。
いち早くshop22 (愛知県名古屋市) にてアーティストラインの4アイテムがご覧いただけます。
shop22セレクトによる「白と黒」をテーマとした作品やプロダクトがその世界観を広げ、緊張感の中にもプリミティブな優しさと強さを感じ取っていただけると思います。

開催期間:2017年10月7日 (土曜日) 〜10月22日 (日曜日)
開催場所:愛知県名古屋市東区葵2-3-4 三光ビル2f


「FUKAMI」
さり気なく自然に備わる服

カットソー縫製を基軸とし、時代に影響されない日常性に、今という瞬間を反映した現代性を最小限付け加えた、余白の多いデザインが特徴。主に愛知、岐阜、三重の生産背景を使用し、着る人の内側深くに響く服作りを信条としています。


「2017-18 AUTUMN & WINTER」

生地の産地である愛知県一宮市で作るオリジナル生地を使用し、三重県いなべ市の縫製工場で仕上げたレギュラーライン(アウター・ジャケット・スウェット・パンツ等)を中心に、日本唯一の羽毛素材メーカー・河田フェザー株式会社(三重)のリサイクルダウン/GreenDownを使用したダウン商品(ダウンジャケット・ダウンプルオーバー等)を展開。また、愛知県名古屋市在住の画家・湯浅景子さんが新たに書き起こしたグラフィックの提供を受け、atelier reiが企画・デザインするアーティストライン(スウェット・エプロン・バッグ・ブランケット等)も登場致します。


※ 河田フェザー株式会社・GreenDown

GreenDownとは、一度使用された羽毛製品を国内で回収し、中から取り出した羽毛を河田フェザーの工場内で洗浄後、回復処理したリフレッシュ羽毛のことです。日本では今まで、製品に使用した羽毛を使い捨てにしていました。しかし、羽毛は適切な手入れをすれば100年以上は使い続けることができる循環資源です。これからは、永続的な羽毛の安定供給を図るために羽毛をリサイクルして使うことが、環境にも優しい取り組みとして見直されています。

 (Click!) 



※ 湯浅景子 Keiko Yuasa (画家)

1973 名古屋市生まれ

2016 FUKUISサムホール展 入選
2016 熊谷守一大賞 入選
2016 MBCサムホール美術展 南日本放送賞
2016 長久手文化の家絵画コンクール 佳作
2016 全日本アートサロン絵画大賞展 産経新聞社賞
2017 アートムーブコンクール 芦屋画廊賞 

普段、私は絵を描き始める時には何を描くのか決めません。色を塗り、線を掻き、また色を重ねて塗りつぶす。それを繰り返しながら、ひとつの景色が立ち現れるのを待ちます。


是非お手に取ってご覧いただけたら嬉しいです。
どうぞ足をお運び下さい。
よろしくお願い致します。