Img_4bfba188d53a439e88be41657a1662a1
Img_603ae6e8365d12b077eb00f6a77722e4
Blue:藍染の古い布

人類最古の染料ともいえる「藍」は、有史以前から人々の体を守ってきたそうです。
「JAPAN BLUE」とよばれ、日本の伝統を象徴するカラーにもなっておりますが、藍染の歴史は古来、世界各地で知られているそうです。

Tisane infusion さん(愛知県名古屋市)からのご提案により、藍染の古布達をアトリエレイに迎い入れ製作させていただましたクッション達のご紹介をさせていただきます。

藍染にも色彩は多種多様で豊か、様々ある事を知りました。
カラッとした気候の国を連想させるブルーの染め上がり。
またはアジアの湿気を感じる色味。
赤味のある藍色、緑味のある藍色。
植物の持っている能力を生かす、染め上げる人の色彩センス、
その奥にある色の神秘性に惹かれ魅了するのだと感じます。
そして時間が育む美しさ。経年変化の藍色もダメージも味わいの一つ。
簡単には出来ないんですよね。
一枚一枚魅力的なこの素材を大切に思い、形にしたいと思いました。

大きな丸玉クッションと大きな角クッション。
ミニサイズのクッションとサイズ展開もございます。
あれこれと想像を膨らませて空間に取り入れてお楽しみください。

どうぞ店頭にてお手に取ってくご覧くださいませ。